日経ヘルスケア 2007/10号

介護ビジネストピックス
ダスキン子会社が訪問介護で虚偽の指定申請 都内4カ所の指定取り消し、連座制は不適用

 東京都は9月10日、(株)ダスキンゼロケア(東京都港区)が運営する都内の4カ所の訪問介護事業所について10月末で指定を取り消す処分を決めた。事業所指定の際、虚偽の届け出をしたのが理由。同社は訪問介護や通所介護などの複合拠点を首都圏で約50カ所展開するが、処分を受けた4カ所は昨年の介護保険制度改正以前に指定を受けた事業所のため、連座制は適用されない。(17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:384文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > その他(事件・事故・クレーム)
医療・健康・バイオ > 看護・介護 > 介護サービス
【記事に登場する企業】
ダスキン
update:14/03/26