日経ヘルスケア 2007/10号

特集
七つの施策の影響度を予測  2008年改革にどう立ち向かう?

医療費適正化計画、医療計画、後期高齢者医療制度……。昨年6月の関連法の成立に伴い、医療制度改革の主要施策が2008年4月から一斉にスタートする。制度改革の中心テーマは、医療費の伸び抑制。その背景には、このまま医療費の伸びを放置しておくと保険財政が悪化し、将来、国民皆保険制度の維持が困難になりかねないとの厚生労働省の危機感がある。(23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:518文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

この特集全体
特集(23ページ掲載)
七つの施策の影響度を予測  2008年改革にどう立ち向かう?
特集 「2008年改革」にどう立ち向かう?(24〜27ページ掲載)
【医療費適正化計画】五つの政策目標値を設定
特集 「2008年改革」にどう立ち向かう?(28〜32ページ掲載)
【医療計画】医療機関「選別」への布石
特集 「2008年改革」にどう立ち向かう?(35〜36ページ掲載)
【地域ケア体制整備構想】療養病床転換の圧力になるか?
特集 「2008年改革」にどう立ち向かう?(38〜41ページ掲載)
【後期高齢者医療制度】主治医の役割明確に、多職種連携を評価
特集 「2008年改革」にどう立ち向かう?(43〜44ページ掲載)
【標榜診療科見直し ほか】診療科の広告を緩和、紙レセプトは廃止へ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・健康・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 法令・資格(医療・バイオ)
update:14/03/26