日経ヘルスケア 2007/10号

REPORT 病院
医療界にも触手伸ばすファンド 新規投資や債務圧縮の選択肢に
その長短と活用の心構え3カ条

介護企業に続き、病院でもファンドを積極的に活用する例が出始めた。施設の建て替えに不動産ファンドを使うほか、債務の削減を目的に、銀行が持つ債権の買い取りを依頼する病院もある。ファンドの仕組みとサービス内容を紹介しつつその実態を明らかにし、上手なつき合い方を考える。(49〜52ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5662文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・健康・バイオ > その他(医療・健康・バイオ) > その他(医療・健康・バイオ)
サービス・流通・文化 > 金融・保険 > 金融商品・サービス
update:14/03/26