日経ヘルスケア 2007/10号

REPORT 介護サービス
グループホーム新時代 「閉鎖的」運営の刷新が急務に
多世代交流の場への転換が生き残りの鍵

暗い、汚い、閉鎖的──。こうしたグループホームの従来の印象を払拭し、地域に開かれた施設をつくることが事業者の大きな課題となってきた。それが、認知症高齢者の生活の質を向上させ、ひいては施設の高評価や効果的な入居者確保につながるからだ。グループホーム経営は新たな局面を迎えた。(54〜58ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6587文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる324円
買い物カゴに入れる(読者特価)162円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・健康・バイオ > 看護・介護 > 介護サービス
update:14/03/26