日経ヘルスケア 2007/10号

REPORT 介護サービス
コムスン事件の三つの教訓から 介護ビジネスの今後を占う
全国一律の事業モデルは限界、法令順守が不可欠に

スタッフ配置の虚偽申請に端を発したコムスンショック。その介護事業からの撤退劇は、民間事業者全体に大きな衝撃を与えた。同時に、同社が不祥事を引き起こした経緯は、これまで成長を続けてきた介護ビジネスが転換期を迎えた事実も物語っている。今回の事件を教訓に、今後求められる介護事業のあり方を探ってみた。取材・文◎村松 謙一 介護ビジネスの光と影。(60〜62ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5570文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・健康・バイオ > 看護・介護 > 介護サービス
【記事に登場する企業】
コムスン
update:14/03/26