日経ヘルスケア 2007/10号

院長のための税務・会計ABC 第70回
パート採用で念頭に置くべき 働き方と税・社会保険の関係

パートタイマーを採用する際には、常勤職員の場合に比べて一層の配慮が必要となる。労働時間や収入によっては夫の扶養対象から外れ、所得税や社会保険料の負担が増えることもあるからだ。就職希望者がどのような働き方を望むか十分に話し合った上で、採否を決定することが欠かせない。(編集部)S院長 実は、事務関係の職員を新たに採用したいと考えています。(116〜118ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3626文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・健康・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
update:14/03/26