日経ヘルスケア 2007/10号

介護ビジネスパワーアップ講座 グループホームの立ち上げと運営の実際(1
住宅地の遊休物件を改装し 初期投資を抑えて開設

グループホームは昨年の介護保険制度改正で地域密着型サービスに位置づけられ、地元に根ざした運営が一層求められるようになった。(株)アイ・ディ・エスは1998年に事業に参入して以来、川崎市内に絞って5カ所の事業所を開設してきた。今号から2回にわたって同社常務取締役の矢野達郎氏に、グループホームの立ち上げ方法や採算性などについて解説してもらう。(119〜122ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4805文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・健康・バイオ > 看護・介護 > 介護サービス
update:14/03/26