日経ビジネス 2007/10/15号

時流超流・トレンド
鉄道車両にカンバン方式 日立、海外輸出を見据え生産改革

 10月2日、日立製作所が英国に鉄道車両のメンテナンス拠点を開設した。日立は英国の高速鉄道向けに鉄道車両174両の製造を受注。併せて当面7年間のメンテナンスも請け負った。 同社執行役常務の鈴木學・電機グループ長は「今回の受注を足がかりに、欧州への輸出を増やしたい」と話す。そのために不可欠なのが、製造を担当する笠戸事業所(山口県下松市)の生産改革だ。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1647文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
車・機械・家電・工業製品 > その他乗り物製造 > 鉄道
【記事に登場する企業】
日立製作所
update:19/09/24