日経ビジネス 2007/10/15号

敗軍の将、兵を語る 人
森山 喬司 氏[日本鰻輸入組合理事長] 中国産ウナギ、安全疑惑に泣く

 安全性には万全の配慮をしてきたのですが、危惧していた事態となってしまいました。 私はウナギの輸入業者で組織する日本鰻輸入組合(加盟33社)の理事長を務めています。今年の夏から苦しい状況に置かれています。米国の輸入規制をきっかけに中国産ウナギの安全性に大変厳しい目が向けられ、その結果、販売が極端に落ち込んでいるのです。(137〜138ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5274文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 食の安全
医療・バイオ > 食品衛生 > 食の安全
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食の安全
サービス・流通・生活・文化 > 食品衛生 > 食の安全
【記事に登場する企業】
日本鰻輸入組合
update:19/09/24