日経ビジネス 2007/10/29号

連載 世界共震 危機に備えはあるか
最終回 値上がりする食品 買い控え憂うイオン

 日清食品のカップ麺「カップヌードル」が15円、ハウス食品のカレールー「バーモントカレー」が25円、山崎製パンの食パン「超芳醇特撰」が20円…。食品メーカーの値上げ表明が相次ぐ。原油高騰や円安基調に加えて、小麦の値上がりも見逃せない。 小麦は「食品産業の鉄」と呼ばれるほど、様々な食品に欠かせない原料だ。すぐに思い浮かぶのは、パンやパスタ、うどん、ラーメン。(76〜78ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3353文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
【記事に登場する企業】
イオン
update:19/09/24