日経ビジネス 2007/10/29号

心と体 食材のチカラ——リンゴ パーソナルライフ
発ガン性物質を排泄

 リンゴの品種は、世界で2000種を超えると言われている。我が国には奈良時代に中国から伝わっていたとされるが、現在のような本格的な栽培が始まったのは明治以降である。「国光」「紅玉」など75種が米国から導入されて以来、品種改良が重ねられ、数多くの種を味わえるようになった。(97ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:708文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
サービス・流通・生活・文化 > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
update:19/09/24