日経ビジネス 2007/11/19号

特集 医療、IT、百貨店… 緩急で生む消費 狙 第3章
分析編 時間格差が商機生む 消費行動の2極化にどう応えるか

 このほど総務省が発表した「社会生活基本調査」(調査は2006年に実施)によれば、これまで短縮傾向が続いてきた日本人の勤務時間が下げ止まっていることが分かった。1976年から5年ごとに国民の時間の使い方を調べてきたこの調査では、前回の2001年で有職者全体の平均勤務時間は過去最少の1日当たり5時間59分まで減っていたが、今回は6時間9分と増えている。(40〜42ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4099文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 医療、IT、百貨店… 緩急で生む消費 狙 第1章(26〜31ページ掲載)
現象編 こだわるものにはカネと時間 朝のひとときは自分に投資
特集 医療、IT、百貨店… 緩急で生む消費 狙 第2章 その1(32〜33ページ掲載)
ケース編 「速さ」より「充足感」 “ご多忙族”満たす3つの切り口 その1
特集 医療、IT、百貨店… 緩急で生む消費 狙 第2章 その2(34〜35ページ掲載)
ケース編 「速さ」より「充足感」 “ご多忙族”満たす3つの切り口 その2
特集 医療、IT、百貨店… 緩急で生む消費 狙 第2章 その3(36〜39ページ掲載)
ケース編 「速さ」より「充足感」 “ご多忙族”満たす3つの切り口 その3
特集 医療、IT、百貨店… 緩急で生む消費 狙 第3章(40〜42ページ掲載)
分析編 時間格差が商機生む 消費行動の2極化にどう応えるか
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
update:19/09/24