日経ビジネス 2007/11/19号

終わらない話 オピニオン
超低価格車の可能性 カルロス・ゴーン[日産自動車社長]

 中国とインドの自動車市場が急成長している。しかも、中国人やインド人は「顧客としてだけでなく、自動車の生産者でもありたい」と考えており、あと10年、15年もすれば、巨大な現地メーカーが台頭すると予測される。そんな時代が到来すれば、既存の自動車メーカーが淘汰されたり、統合されたりすることになるだろう。 今回はインドの例を考えてみよう。(182ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1699文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
日産自動車
update:19/09/24