日経ビジネス 2007/11/26号

技術フロンティア フィーチャー
携帯電話の小型基地局 ソフトバンクモバイル、NTTドコモ、日本エリクソン 携帯電波の死角を一掃

個人ユーザーが設置できる携帯電話の小型基地局が実用間近だ。建物内でも通話音声の品質が高まり、通信速度も向上する。従来の基地局よりコストが安い。携帯料金の引き下げにつながる可能性も。 国内の携帯電話契約者は今年10月末で9900万を突破し、PHSと合わせると全人口に対する普及率は8割以上に達した。(142〜144ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3716文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > ネットワーク機器・通信端末 > 伝送路設備・部品*
【記事に登場する企業】
NTTドコモ
エリクソン・ジャパン
ソフトバンクモバイル
update:19/09/24