日経エレクトロニクス 2007/12/03号

特報
耐熱温度300℃超の植物性樹脂 自動車など用途拡大の道開くか
北陸先端大が従来のポリ乳酸を使わずに開発

 これまで限られた用途での利用にとどまっていた植物性樹脂の応用範囲が,大きく広がる可能性が出てきた。 北陸先端科学技術大学院大学は,耐熱温度が300℃を超える植物性樹脂を開発した注1)。植物性樹脂の開発に携わる国内電機メーカーの技術者は「その数字が本当ならば,かなりのインパクトがある」と驚きを見せる。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2760文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > その他(車・機械・家電・工業製品の素材・部材)
ビズボードスペシャル > 素材 > その他(車・機械・家電・工業製品の素材・部材)
【記事に登場する企業】
北陸先端科学技術大学院大学
update:19/09/26