日経エレクトロニクス 2007/12/03号

実録 闘いの軌跡 特許係争,敵地での決戦(第2
身振りの中に何かある
特許係争,敵地での決戦(第2回)

 2005年7月の提訴を受けて,被告と原告の双方は,法廷での審理に向けた準備を開始した。米国の裁判では,事前の準備がものをいう。米国では特許訴訟の場合でも,原告が陪審による審理を要求できる。米Forgent Networks, Inc.もまた,この手段を選んだ。(129〜132ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5841文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 知的財産・特許(エレクトロニクス) > エレクトロニクスの知的財産・特許
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > エレクトロニクスの知的財産・特許
update:18/07/30