日経エレクトロニクス 2007/12/03号

組み込みアカデミー2 第2回●要求定義モデルを作る(前編)
思い付きの仕様からモデルを作る
第2回●要求定義モデルを作る(前編) マイコン・キットで体験するモデル・ベース開発入門

 前回は,状態遷移表モデルから生成したキッチンタイマのプログラムをマイコン・キットで動かし,マイコン・キットの操作とモデルがどう対応付けられているかを確認していただいた。状態遷移表のすべてのセルを通過させようと試みた読者もいるだろう。そのような試みからモデル・ベース開発の世界が深まっていくので,いろいろと試してみることを大切にしていただきたい。(133〜140ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8053文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > CPU・マイコン
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
update:19/09/26