日経エレクトロニクス 2007/12/03号

チュートリアル 強い特許の作り方 第2回
技術課題を可視化し,解決策を見つけ出す
 強い特許の作り方

連載の第2回では,「強い特許」を取得するための具体的な手順を解説する。技術者が発案したアイデアを基に技術課題を可視化し,解決策を見つけてから出願する点が特徴である。課題や解決策を見いだす上で有効な思考方法についても紹介する。(木村 雅秀=本誌)龍華 明裕RYUKA国際特許事務所所長著者略歴東北大学 工学部を卒業後,東京大学 工学部 修士課程を修了。(173〜178ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5584文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる378円
買い物カゴに入れる(読者特価)189円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 不具合・トラブル(エレクトロニクス) > エレクトロニクスの不具合・トラブル全般
エレクトロニクス > 知的財産・特許(エレクトロニクス) > エレクトロニクスの知的財産・特許
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > エレクトロニクスの知的財産・特許
update:18/07/30