日経コンピュータ 2007/12/10号

ニュース&トレンド
SolarisがIAサーバーの選択肢に浮上 ビジネス用途の普及に向け国内ベンダーら30社超が集結

米サン・マイクロシステムズ製のサーバーOSであるSolarisをIAサーバーと組み合わせ、ビジネス分野での普及を目指す新団体が活動を開始した。参加メンバーは、UNIXサーバーと同等の性能や堅牢性を武器に、Linuxサーバーの置き換えなどに売り込みを図る。 11月27日に設立された新団体は、「Solaris Community for Business」。設立時点で32社が参加を表明した(図)。(17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1439文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > コンピュータ本体 > サーバーマシン*
【記事に登場する企業】
米サン・マイクロシステムズ社
update:19/09/24