日経コンピュータ 2007/12/10号

ニュース&トレンド 実践!内部統制
ノーリツ、文書化ツールを初期から導入 利用は推進部門内にとどめ現場への負荷を最小限に

給湯機器メーカーのノーリツは、日本版SOX法(J-SOX)対応において、初期段階から文書化ツールを導入した。「最も手間がかかるのは文書の管理」との判断からだ。現在は、プロジェクト・メンバーの利用にとどめ、ツールが与える現場への負担を軽減している。 ノーリツがJ-SOX対応に取り組み始めたのは、2年前の2005年末のこと。(24ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1470文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報共有システム > 文書管理システム*
【記事に登場する企業】
ノーリツ
update:19/09/24