日経コンピュータ 2007/12/10号

スペシャルレポート
携帯業界の掟を壊すAndroid
無償のPC型、高完成度、高成長力に評価集まる

米グーグルが発表した携帯電話機向けのソフトウエア・プラットフォーム「Android」は、通信事業者や端末メーカー、ソフトウエア・ベンダーの業界地図を一変する可能性を秘めている。豊富な資金や開発力を武器に、“既得権を持つ者”とは異なる立場から攻め込む。さらに、関係者の証言を総合すると、Androidが注目を浴びる3つの理由が見えてくる。(138〜141ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4738文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > プログラミング言語・開発ツール
【記事に登場する企業】
米グーグル社
update:18/07/30