日経コンピュータ 2007/12/24号

特集2 主要ベンダーとユーザー会のトップが語る2
回答

 07年は、企業収益の増加などから企業のIT投資が拡大した。08年は、公共分野が横ばいとなる一方で、金融分野や法人分野における戦略投資の増大傾向などから、市場は引き続き3〜5%程度の成長率で堅調に拡大すると考えている。なかでも、ITサービス市場はより一層高い成長率を示すだろう。(120〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:19114文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 主要ベンダーとユーザー会のトップが語る2(116〜119ページ掲載)
経営とITの境界が消えるシステムが変革の原動力に
特集2 主要ベンダーとユーザー会のトップが語る2(120〜127ページ掲載)
回答
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
アクセンチュア
伊藤忠テクノソリューションズ
SAPジャパン
NEC
NTTデータ
大塚商会
キヤノンマーケティングジャパン
サン・マイクロシステムズ
新日鉄住金ソリューションズ
デル
東芝ソリューション
日本オラクル
日本ヒューレット・パッカード
日本ユニシス
日本IBM
日本マイクロソフト
野村総合研究所
日立製作所
富士通
update:18/07/30