日経ビジネス 2008/01/14号

時流超流・トレンド 株価が語る 2008年最高値に挑む(1)
新日本製鉄 新体制に託される19年ぶり復権
証券コード(5401)

 波乱の幕開けとなった2008年の株式市場。注目企業が上場来高値を今年、更新できるかどうかを探る。第1回は新日本製鉄。 新日鉄の株価は2007年7月23日に964円まで上げ、バブル期の1989年2月につけた上場来高値984円にあと一歩というところまで近づいた。バブル期の新日鉄は代表的な内需関連株ともてはやされ、膨大な土地の含み益が材料視された場面もあった。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1588文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
【記事に登場する企業】
日本製鉄(旧・新日鉄住金)
update:19/09/24