日経ビジネス 2008/01/21号

緊急特集 創業家との決別
未遂に終わった役員のクーデター 主なき三洋、嵐の前の大海へ

 2007年3月、三洋電機会長の野中ともよが辞任した。再建策を巡り、大株主である米ゴールドマン・サックスグループ、大和証券SMBCグループ、三井住友銀行の金融3社とことごとく対立、最後は不適切とされた会計処理を調査するための委員会設立に動いた独断を責められた末の辞任だった。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2835文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
緊急特集 創業家との決別(6〜11ページ掲載)
松下、完遂した革命 「幸之助神話」を乗り越え、世界へ
緊急特集 創業家との決別(12〜13ページ掲載)
未遂に終わった役員のクーデター 主なき三洋、嵐の前の大海へ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
三洋電機
update:19/09/24