日経ビジネス 2008/01/21号

特集 目指せグローバル1●中国・インド・ベト 第1章
中国・インド・ベトナム… 世界人材争奪戦 このままでは頭脳も買い負ける
中国最前線ルポ 焼き畑と化す「知」の集積地

中国、インドからベトナムへ──。かの地で欧米企業による人材の奪い合いが拡大している。標的はこれまでのような安い労働力ではない。企業をさらなる成長へと導く「才能」である。労働力や資金量だけがものをいう時代が終焉し、人間の英知が最大の原動力になり始めた。そんな中、新興国の賃金高騰に円安が重なって、日本企業は欧米の列強相手に劣勢が続く。(26〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9208文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 目指せグローバル1●中国・インド・ベト 第1章(26〜33ページ掲載)
中国・インド・ベトナム… 世界人材争奪戦 このままでは頭脳も買い負ける
特集 目指せグローバル1●中国・インド・ベト 第2章(34〜39ページ掲載)
“宝の持ち腐れ”を防げ
特集 目指せグローバル1●中国・インド・ベト 第3章(40〜41ページ掲載)
仕事こそ最高の報奨
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > その他(人事)
update:19/09/24