日経ビジネス 2008/01/21号

第2特集 モノ作りだけじゃない サービスで中国を攻 第3章
「官の隙間」にチャンスあり 規制緩和を先取りし、お役所仕事と差をつける

 国有会社や官業の存在感の大きさは、外資系企業にとって大きな壁になる。一方で、官業の隙間にある市場をうまく見つけ出し、顧客を獲得している企業もある。 その1社が、気象情報最大手のウェザーニューズだ。官が事実上独占してきた気象情報分野に風穴を開け、手厚いサポートと質の高い情報を武器に中国事業を拡大している。(50〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2251文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
第2特集 モノ作りだけじゃない サービスで中国を攻 第1章(44〜47ページ掲載)
モノ作りだけじゃない サービスで中国を攻める 「日本流」が巨大市場を耕す
第2特集 モノ作りだけじゃない サービスで中国を攻 第2章(48〜49ページ掲載)
「キメコマ」なら負けない 「気配り」「綿密な提案」が中国の顧客を引きつける
第2特集 モノ作りだけじゃない サービスで中国を攻 第3章(50〜51ページ掲載)
「官の隙間」にチャンスあり 規制緩和を先取りし、お役所仕事と差をつける
第2特集 モノ作りだけじゃない サービスで中国を攻 第4章(52〜54ページ掲載)
高松発 北京の“古紙王” 成熟モデルが最先端に変わる
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
ウェザーニューズ
セコム
update:19/09/24