日経ビジネス 2008/01/21号

戦略フォーカス 市場開拓 企業
アイ・ピー・ビー(経営指導、ベンチャー投資) 「眠る未利用特許」は宝の山

 「臭みが全くないでしょ。ほら、豚肉にも箸を伸ばして」。新潟県五泉市。飼料工場の一角にある事務所で、“発明家”の親子は養殖したマスの刺し身を記者に勧めながら、薄切りの豚ロース肉を鍋に次々と放り込んでいった。飼料・肥料メーカー、日本アフセップの土田誠最高顧問と息子の豊社長は今、自分たちが発明した菌が、世の中の役に立つ喜びを噛みしめている。(98〜100ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4353文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 投資・経費
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
企業・経営・ビジネス > 知的財産・特許(企業・経営・ビジネス) > 企業・経営・ビジネスの知的財産・特許
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > 企業・経営・ビジネスの知的財産・特許
【記事に登場する企業】
アイ・ピー・ビー
update:19/09/24