日経ビジネス 2008/02/04号

特集 消費創奪 本当のライバル 常識破りが飽和 第2章
タイムシェア争奪戦 「家族連れ」をとらえる

 JR川崎駅に直結する複合商業施設「ラゾーナ川崎プラザ」内、家電量販店ビックカメラの売り場で、鼻腔をくすぐるにおいに気づいて足を止める。醤油を焦がしたような、香ばしいにおいだ。 誘われるように、洗濯機などの家電製品が並べられた売り場を歩いていくと、その正体が分かった。 半円形のカウンターテーブルを取り囲むようにいすが4脚。(32〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5108文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 消費創奪 本当のライバル 常識破りが飽和(24〜27ページ掲載)
消費創奪 本当のライバル 常識破りが飽和を破る
特集 消費創奪 本当のライバル 常識破りが飽和 第1章(28〜31ページ掲載)
ストマックシェア争奪戦 “隠れ消費”を探す強者
特集 消費創奪 本当のライバル 常識破りが飽和 第2章(32〜35ページ掲載)
タイムシェア争奪戦 「家族連れ」をとらえる
特集 消費創奪 本当のライバル 常識破りが飽和 第3章(36〜38ページ掲載)
仮想敵が需要を創造する
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
大丸装工
チェルシージャパン
トヨタオートモールクリエイト
パナソニック
ビックカメラ
update:19/09/24