日経ビジネス 2008/02/04号

第2特集 待ったなし!内部統制 中小も「経営の棚卸 第1章
待ったなし! 内部統制 中小も「経営の棚卸し」

 制御技研(東京都中央区)の和田賢二専務はこう話を切り出した。制御技研は2003年に起業した、空調制御システムの設計などを業務とする、社員11人の技術ベンチャーだ。和田氏は現在、率先して内部統制の整備を進めている。 内部統制は、会社の資金や商品の流れや、社員の働き具合を把握し、会社がきっちりと組織的に運営されるようにするための仕組みである。(42〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4601文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
第2特集 待ったなし!内部統制 中小も「経営の棚卸 第1章(42〜45ページ掲載)
待ったなし! 内部統制 中小も「経営の棚卸し」
第2特集 待ったなし!内部統制 中小も「経営の棚卸 第2章(46〜47ページ掲載)
監査人との交渉がカギ
第2特集 待ったなし!内部統制 中小も「経営の棚卸 第3章(48〜52ページ掲載)
業務刷新と一石二鳥
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 企業統治・危機管理
update:19/09/24