日経トップリーダー 2008/03/01号

挑戦者たち 植松努 植松電機専務
「どうせ無理」なんてない。北の小さな町工場が見失った夢を取り戻し宇宙ビジネスに挑む
植松 努 植松電機専務 (機械製造・販売)

北海道にある社員18人の町工場、植松電機は小型ロケットや人工衛星を製作し、打ち上げるビジネスを目指している。子供のころの夢を一度は見失った後継者は、「『どうせ無理』というあきらめがはびこる風潮を、この場所から変えたい」と意気込んでいる。取材・文◎曲沼美恵 写真◎船戸俊一北海道のほぼ中央にある赤平市は元炭坑の街。(60〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3002文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
植松電機
update:14/03/28