日経ビジネス 2008/03/10号

第2特集 金融再生 俺が主役 ニッポン衰退と戦う男 後半
個人に始まる構造変化 ヒトと組織の相互作用という好循環

 「外資系の名だたる金融機関に優秀な人材ばかりが集まるというけど、実際に一緒に働いてみると日本の銀行で働いている人たちと比べて、あまり変わらない。いや、むしろ日本の金融機関にいる人の方が優秀だ」 東京・JR有楽町駅に程近いビルの一室。明治時代の実業家、渋澤栄一の5代目の子孫に当たる、ヘッジファンド運営会社社長は、静かな口調で語り始めた。 渋澤健、46歳。(60〜61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2938文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
第2特集 金融再生 俺が主役 ニッポン衰退と戦う男 前半(54〜59ページ掲載)
金融再生 俺が主役 ニッポン衰退と戦う男たち
第2特集 金融再生 俺が主役 ニッポン衰退と戦う男 後半(60〜61ページ掲載)
個人に始まる構造変化 ヒトと組織の相互作用という好循環
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > その他(企業・組織)
update:19/09/24