日経ビジネス 2008/03/17号

特集 インド洋の世紀 中東マネーが拓く30億人 第2章
成長の“重心” アジアから西へ

 ヒト・モノ・カネの奔流が本格化し始めた「インド洋経済圏」。その勃興は21世紀の世界経済にとって、どんな意味を持つのだろうか。 新経済圏の起爆剤となっているのがオイルマネーであることは間違いない。1バレル=100ドル近辺で高止まりする原油価格が中東産油国を潤し、域内での開発・投資を活発化させてインド洋沿岸諸国を潤している。(34〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3620文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 インド洋の世紀 中東マネーが拓く30億人(26〜27ページ掲載)
インド洋の世紀 中東マネーが拓く30億人経済圏
特集 インド洋の世紀 中東マネーが拓く30億人 第1章(28〜33ページ掲載)
海越える「ヒトモノカネ」の奔流
特集 インド洋の世紀 中東マネーが拓く30億人 第2章(34〜37ページ掲載)
成長の“重心” アジアから西へ
特集 インド洋の世紀 中東マネーが拓く30億人 第3章(38〜39ページ掲載)
現地写真ルポ ドバイ——変貌する街角、弾ける消費
特集 インド洋の世紀 中東マネーが拓く30億人 第4章(40〜43ページ掲載)
奮闘、日本企業の先遣隊
特集 インド洋の世紀 中東マネーが拓く30億人 第5章(44ページ掲載)
アジア諸国の後塵を拝す日本の関与政策
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 海外景気動向・対策
update:19/09/24