日経ビジネス 2008/03/17号

第2特集 株式投資ランキング 波乱相場の銘柄選別 株主に報いる会社●前
波乱相場の銘柄選別 株主に報いる会社

 米国のサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)問題に端を発する世界経済の先行き不透明感を背景に、依然乱高下が続く日本の株式相場。投資家はどうしても目先の株価に一喜一憂しがちだが、今必要なのは、短期的な値動きに惑わされない銘柄選別だ。その一助になる重要な財務指標がROE(自己資本利益率)である。 ROEは純利益を自己資本で割って算出する。(54〜60ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7717文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
第2特集 株式投資ランキング 波乱相場の銘柄選別 株主に報いる会社●前(54〜60ページ掲載)
波乱相場の銘柄選別 株主に報いる会社
第2特集 株式投資ランキング 波乱相場の銘柄選別 株主に報いる会社●後(61〜62ページ掲載)
4種の指標で探る 「住宅」「資源」「再編」に注目
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 株・投資動向
update:19/09/24