日経ビジネス 2008/03/17号

第2特集 株式投資ランキング 波乱相場の銘柄選別 株主に報いる会社●後
4種の指標で探る 「住宅」「資源」「再編」に注目

 視界不良の株式相場。不透明な状況下での銘柄選別は、これまで見てきた企業のROEに着目する方法以外にもある。ここでは「低PER(株価収益率)」「低PBR(株価純資産倍率)」「高配当利回り」「昨年来高値からの株価下落率」の4種類のランキングから、割安銘柄の傾向を探ってみた。いずれも、日経500種平均採用銘柄を対象とし、2月末時点の株価で算出した。(61〜62ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2230文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
第2特集 株式投資ランキング 波乱相場の銘柄選別 株主に報いる会社●前(54〜60ページ掲載)
波乱相場の銘柄選別 株主に報いる会社
第2特集 株式投資ランキング 波乱相場の銘柄選別 株主に報いる会社●後(61〜62ページ掲載)
4種の指標で探る 「住宅」「資源」「再編」に注目
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 株・投資動向
update:19/09/24