日経ビジネス 2008/03/24号

特集 環境経営の死角 偽装事件はこうして起きた
環境経営の死角 偽装事件はこうして起きた

年賀はがきに端を発した大手製紙会社の古紙配合率偽装事件。グリーン購入法という小さな市場で偽装の連鎖が起きた理由は何か?当事者の証言などから、環境行政の歪みが浮かび上がった。現場を無視して非現実的な規制や基準を押しつける行政と、実現性の検証もないままに押っ取り刀で参入する企業。環境経営の美名の下に、事件や不祥事の温床が広がる。(30〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:757文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 環境経営の死角 偽装事件はこうして起きた(30〜31ページ掲載)
環境経営の死角 偽装事件はこうして起きた
特集 環境経営の死角 偽装事件はこうして起きた 第1章(32〜35ページ掲載)
官が誘発した再生紙偽装
特集 環境経営の死角 偽装事件はこうして起きた 第2章(36〜39ページ掲載)
バイオエタノールに揺らぐ島 迷走するCO2利権
特集 環境経営の死角 偽装事件はこうして起きた 第3章(40〜44ページ掲載)
低コスト化で官を超越
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
update:19/09/24