日経コンピュータ 2008/05/15号

動かないコンピュータ 気象庁
アメダスで連続トラブル新旧システムの並行稼働中にミス
気象庁

雨量などの観測データを収集・配信する気象庁の「アメダスセンターシステム」が3月末、5時間にわたり停止した。その2カ月前にも、観測データを誤配信するトラブルを起こしている。同システムは現在、新システムへの移行中。並行稼働という特殊事情が復旧を遅らせたり、誤作動を招いたりした。 「トラブル続きでご迷惑をおかけして申し訳ない」。(94〜96ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3398文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > システムトラブル
【記事に登場する企業】
気象庁
update:14/03/28