日経ビジネス 2008/06/02号

特集 ソニーの壁 ストリンガー改革の真実 第4章
全社員に言いたい! 「生き残るために戦え」

 問 ソニーの2008年3月期の決算は好調でしたが、赤字が大きいテレビ事業など課題も残されています。 答 厳しい経営環境下で、良い数字を出せたとは思っています。営業利益率は目標とする5%に限りなく近い結果で、決して恥ずかしい数字ではありません。 ただ、テレビについては残念だった部分があります。液晶テレビは大きな市場シェアを獲得しましたが、利益が伴わなかった。(36〜38ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3957文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 ソニーの壁 ストリンガー改革の真実 第1章(24〜27ページ掲載)
ソニーの壁 ストリンガー改革の真実
特集 ソニーの壁 ストリンガー改革の真実 第2章(28〜31ページ掲載)
エレキ「革新力」へ苦闘 タブーの中低価格帯に進出、ノキア流は通じるか
特集 ソニーの壁 ストリンガー改革の真実 第3章(32〜35ページ掲載)
世界に広がる“一致団結” 開発の連携・ソフト重視…新時代への正念場
特集 ソニーの壁 ストリンガー改革の真実 第4章(36〜38ページ掲載)
全社員に言いたい! 「生き残るために戦え」
特集 ソニーの壁 ストリンガー改革の真実 第5章(39ページ掲載)
真のグローバル企業への格闘
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
ソニー
update:19/09/24