日経ビジネス 2008/06/02号

第2特集 株主総会シーズン迫る 企業と投資家 それ 第3章
対等な緊張感を求めて

 「これは決意表明なんですよ。これから取り組む新しい中期経営計画は必ず達成する。そのことを株主様にお約束するために、あえて退路を断ったということです」 資生堂は4月末に開催した取締役会で買収防衛策を継続しないことを決議した。その理由を尋ねると、前田新造社長は自らに言い聞かせるようにこう答えた。(55〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4259文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
第2特集 株主総会シーズン迫る 企業と投資家 それ 第1章(48〜51ページ掲載)
株主総会シーズン迫る 企業と投資家 それぞれの罪
第2特集 株主総会シーズン迫る 企業と投資家 それ 第2章(52〜54ページ掲載)
株主が日本をダメにする
第2特集 株主総会シーズン迫る 企業と投資家 それ 第3章(55〜57ページ掲載)
対等な緊張感を求めて
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > その他(企業・組織)
政治・経済・社会 > 国内財政 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 株・投資動向
update:19/09/24