日経ビジネス 2008/06/30号

ひと劇場 人
波多野 順治 氏[三菱UFJ証券クリーン・エネルギー・ファイナンス委員会・委員長] 金融経験生かし地球を救う

 「埋め立て地から出るメタンガスを、地中に埋めたパイプからすぅっと吸引して集め、燃やして電気を作ると、それが排出枠に生まれ変わる」。東京・丸の内のオフィスビルの一室で、白髪の男性は熱弁をふるう。 波多野順治、67歳。まるで大学教授のような風貌の男性こそ、今や環境ブームに沸く世界の中で、京都議定書の排出枠ビジネスの先駆者として注目を集める人物だ。(174〜176ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5037文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > その他(車・機械関連のエコロジー)
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(車・機械関連のエコロジー)
【記事に登場する企業】
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
update:19/09/24