日経ビジネス 2008/07/07号

本 書評●パーソナルライフ 赤めだか
究極の人材育成論
『赤めだか』

 落語ブームと言われる現在、独演会の切符が入手困難な人気落語家が何人かいる。立川談志の弟子、立川談春もその1人だ。シャープな語り口にファンが多い、42歳。本書はその談春が自らの修業時代を綴っている。 タイトルの『赤めだか』は、談志が飼っていた金魚に由来している。この金魚、いくら餌を与えても大きく育たない。弟子たちは「あれは金魚じゃない。(73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1105文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
update:19/09/24