日経ビジネス 2008/07/07号

ひと劇場 人
千本 倖生 氏[イー・アクセス会長] 安定捨て2度起業に挑む

 イー・モバイルの親会社で、電話線を使ったデジタル高速通信であるADSL事業大手のイー・アクセスは今年1月、アッカ・ネットワークスの株を買い増し、筆頭株主に浮上した。その後株主提案権を行使し、経営陣の退陣を要求。株主代表訴訟も検討していた。ところが旧経営陣が自主的に退陣し、新経営陣は千本倖生たちに友好的な姿勢を示したことから、今後の方針変更を協議していた。(134〜136ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5029文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
イー・アクセス
update:19/09/24