日経ビジネス 2008/07/07号

ビジネス世論 オピニオン
外国人労働者の受け入れ促進 「受け入れ賛成」派が7割

 7月1日に日本とインドネシア間で経済連携協定が発効し、インドネシア人看護師らの受け入れが始まる。外国人労働者の受け入れ促進について、約7割が「賛成」「どちらかと言えば賛成」と回答。少子高齢化が進む中、労働力を確保すべきとの声が目立った。一方で、外国人の急激な流入で治安が乱れるとの懸念もあった(詳しい調査結果はインターネットでご覧になれます)。(152ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1311文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 雇用
update:19/09/24