日経ビジネス 2008/07/07号

終わらない話 オピニオン
川淵 三郎[日本サッカー協会キャプテン] フェアプレーと勝利

 6月のサッカー・ワールドカップ・アジア第3次予選。厳しかった4連戦を3勝1分けで切り抜け、サッカー日本代表は最終予選に駒を進めた。 しかし、非常に残念なこともあった。6月7日にアウェーで行われたオマーン戦で、大久保嘉人選手が相手選手を蹴り、退場処分を受けたことだ。相手への報復は、サッカーの中でも一番恥ずべき行為だ。(156ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1667文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
サービス・流通・生活・文化 > メディア・音楽・スポーツ > スポーツ
【記事に登場する企業】
日本サッカー協会
update:19/09/24