日経ビジネス 2008/07/14号

時流超流・トレンド 景気深読み
インフレ抑制、協調利上げが必要 田辺 孝則[田辺経済研究所代表]

 インフレが世界経済の重要課題になった。6月14日の主要8カ国(G8)財務相会議は、原油や食料品の価格高騰は世界経済の重大な試練と位置づけて、インフレ圧力の増大に懸念を示した。6月25日の米連邦公開市場委員会(FOMC)は昨年9月から続けた利下げを見送り、欧州中央銀行(ECB)は7月3日に利上げした。先進国経済が減速する中、原油など商品市況は上昇を続けている。(137ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1505文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
田辺経済研究所
update:19/09/24