日経コンピュータ 2008/08/15号

ニュース SPECIAL REPORT
日本IBMを下請けが提訴へ 七十七銀の案件で追加費用を得られず経営破綻

日本IBMからシステム開発を受注した地方ベンダーが、IBMに追加費用の支払いを求める訴訟を準備していることがわかった。開発規模が見積もりの7.5倍に膨らんで4億円弱の予算超過となったこの下請けベンダーは、7月に民事再生法の決定通知を受けている。 「日本IBMとは20年以上の付き合いだったのに。どうしてこんなことになったのか」。(16〜17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2609文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
情報システム > 特定業務システム > 金融業向け情報システム
【記事に登場する企業】
七十七銀行
ジェーシーイー
日本IBM
update:18/07/31