日経PC21 2008/10号

特集4 DVDの寿命を30年伸ばす ディスク編
「標準品」と「格安品」で品質に雲泥の差
ディスク編

 書き込み型DVDディスクの寿命を左右する最大の要因は、何と言ってもディスクそのものの品質だ。長持ちさせるには、良質なディスクを選ぶことが何よりも重要。ここでは「格安品」と「標準品」、「DVD-R」と「DVD-RW」など、いくつかの比較実験を行いながら、ディスクと寿命の関係を探った。 まず最初に浮かぶ疑問。(108〜111ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4766文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集4 DVDの寿命を30年伸ばす(105ページ掲載)
DVDは何年もつか?
特集4 DVDの寿命を30年伸ばす 総論(106〜107ページ掲載)
三大要因を押さえ、目指せ「三〇年保存」
特集4 DVDの寿命を30年伸ばす ディスク編(108〜111ページ掲載)
「標準品」と「格安品」で品質に雲泥の差
特集4 DVDの寿命を30年伸ばす 書き込み編(112〜113ページ掲載)
外周に近づくほどエラーは多発する!
特集4 DVDの寿命を30年伸ばす 保管編(114〜117ページ掲載)
熱、光、湿気はディスクの寿命を縮める
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン・デジタルギア用記憶装置 > その他(パソコン・デジタルギア用記憶装置)
update:19/09/25