日経PC21 2008/10号

編集長インタビュー セイコーエプソン 代表取締役社長 碓井 
職場の印刷もインクジェットで 消費電力はレーザーの約1割
セイコーエプソン 代表取締役社長 碓井 稔氏

エプソンのプリンター事業を牽引してきた“ミスターエプソン”が、この六月、五三歳の若さで社長に就任した。前面に打ち出すのは、環境重視とランニングコスト削減の二枚看板。「インクジェット・プリンターは、省エネルギーとコスト削減を一度に実現できる。ぜひ、ビジネスの現場にも浸透させたい」と意欲満々だ。(118〜120ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3660文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
パソコン・デジタルギア > プリンタ > インクジェットプリンタ
【記事に登場する企業】
セイコーエプソン
update:19/09/25