日経トップリーダー 2008/12/01号

特集2 破綻の真相SPECIAL  ドライになっ
破綻の真相
ドライになった銀行に見限られる会社の5つの共通点

米国発金融危機が深刻化する中、銀行の貸し渋り・貸しはがしが再び激化しつつある。かつてと違って、銀行の見切りは圧倒的に早い。貸付額の大きさや取引歴の長さに関係なく、わずかな悪材料をきっかけに融資を引き上げられ、倒産する企業が増えている。(75ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:220文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 破綻の真相SPECIAL  ドライになっ(75ページ掲載)
破綻の真相
特集2 破綻の真相SPECIAL ドライになった(76〜79ページ掲載)
バブル崩壊後よりも銀行の見切りが早い
特集2 破綻の真相SPECIAL ドライになった(80〜81ページ掲載)
無担保融資を受けていた「絶好調企業」が新規事業で自爆
特集2 破綻の真相SPECIAL ドライになった(82〜83ページ掲載)
品質への意識低くミスが多発「2枚目のイエローカード」で退場
特集2 破綻の真相SPECIAL ドライになった(84〜85ページ掲載)
地元を支えたスーパーに「イオン進出」のとどめ
特集2 破綻の真相SPECIAL ドライになった(86ページ掲載)
融資担当者の言葉から読み取る金融機関の建前と本音
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
update:19/09/24