日経ビジネス 2008/12/22号

戦略フォーカス 高級ブランド構築 企業
ノキア(携帯電話端末メーカー) 自分を捨て「新星」を育む

 11月27日、世界シェア首位の携帯電話端末メーカー、ノキアが日本での端末の販売を打ち切ると発表した。縮小傾向にある日本市場に資源を投入する意義がなくなったことが理由だ。 ノキアは1989年にノキア・ジャパンを設立。「日本国内シェア10%」を目指して市場を開拓していたが、2007年度の国内シェアは1%未満。効果的な端末を投入できずにいた。(42〜46ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6889文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・モバイル情報端末 > 携帯電話機*
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・PHS本体・サービス > 携帯電話機*
通信・ネットワーク・放送 > 携帯電話・PHSサービス > 携帯電話機*
【記事に登場する企業】
ノキア・ジャパン
update:19/09/24