日経ものづくり 2009/01号

特集 後悔しない設計 第3部 人材と組織をつくる
五感に訴える教育で強固な安全文化を醸成する
人材と組織をつくる

「これまで,本社部門は事故を未然に防ぐための基準を作成しても,それを設計者がどう使うかまでは配慮していなかった」。富士ゼロックス品質本部環境商品安全部グループ長の柴田公博氏は,多くの企業が陥りやすい落とし穴についてこう指摘する。 推進役の本社部門が立派な仕組みを構築するが,現場の実態に合っておらず,空回り─。製品安全に限らず,ありがちな話だ。(66〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5406文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 後悔しない設計(52〜53ページ掲載)
後悔しない設計
特集 後悔しない設計 第1部 リスク管理時代を先取る(54〜58ページ掲載)
後付けの対策はもう限界火種はすべて事前に見つける
特集 後悔しない設計 第2部 開発プロセスをつくる(59〜65ページ掲載)
まず事故のメカニズムを知りそれから設計の手順を決める
特集 後悔しない設計 第3部 人材と組織をつくる(66〜69ページ掲載)
五感に訴える教育で強固な安全文化を醸成する
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 企業統治・危機管理
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > その他(機械関連の設計・製造)
車・機械・家電・工業製品 > 修理・クレーム > 車・機械・家電・工業製品の修理・クレーム全般
update:19/09/26